美容

二重だけど目が小さいのはなんで?原因と少しでも大きく見せる方法!

二重なのに目が小さい原因と対策

目元は第一印象を決める大切なポイント。

くっきりとした目は印象的で素敵ですよね。

二重まぶたは、ぱっちりした大きな目のイメージですが、なかには二重だけど目が小さいと悩んでいる人もいます。

二重=大きいというわけではなさそうです。

二重だけど目が小さい原因や、大きく見せる方法などを紹介していきます。

二重なのに目が小さく見える原因って?

二重なのに目が小さく見えてしまう原因は何なのでしょうか?

原因を知ることで、正しい対策も見つかるはずです。

原因【1】目の幅が小さい

二重まぶたでも、目の幅が小さいと大きく見えません。

日本人は目の幅が狭い人も多く、遺伝的な要素が強いと言われています。

お母さんやお父さんの目の幅が小さいと、同じようになる可能性が高くなります。

蒙古ひだがあると小さい目に

目頭の部分にあるまぶたのヒダを「蒙古ひだ」と言います。

これは、日本人をはじめとする東洋人によくあるのですが、目が小さく見えてしまう原因のひとつ。

目の幅も小さくなってしまいます。

  • 蒙古ひだは、美容整形で取り除ける
  • 無くなることで、目が大きく見える

芸能人でも、この整形をしているのでは?と言われていることがよくあります。

それほど、メジャーな処理だと言えます。

原因【2】まぶたに脂肪が多い

上のまぶたの形によって、目の大きさが変わってきます。

  • 上まぶたに脂肪が多い人がいる
  • 脂肪が多いとはれぼったく見える
  • まぶたの重みで目が小さくなる

これは、一重でも二重でも同じこと。

ダイエットではなかなか落とせない部分なので、まぶたの脂肪を減らすのは大変です。

顔がすっきりとすると、まぶたも痩せてパッチリ目になることもあります。

原因【3】顔全体が太っている

顔が太っていると、目や鼻のパーツが小さく見えますよね。

逆に、顔が小さく細い人は目が大きく見えたりします。

  • 全体的にふっくらしていると顔も太りやすい
  • 顔が痩せると、目の印象も変わる

体を細くするダイエットと同じように、顔も細くなると表情の雰囲気が変わります。

原因【4】顔のむくみ

顔がむくんでパンパンになると目も小さくなってしまいます。

朝起きた時に、顔がむくんでいることってありませんか?

  • お酒をよく飲む
  • 水分や塩分を取りすぎている
  • 運動する機会がない

こんな人は要注意です!

普段の生活でむくみの原因を取り除くことで、大きな目に近づけます。

原因【5】目の筋肉が弱い

まぶたを開いて、目をあけているのは無意識でしていることですが、実は筋肉を使っています。

意外な感じがしますよね。

  • 筋力があるとまぶたを大きく開ける
  • 大きく開くと目がパッチリ見える
  • 弱いとまぶたが下がり目が小さくなる

日本人の黒目は直径11ミリほどで、これは誰でも同じ。

まぶたを大きく開ける筋力によって、目の印象が変わるんです。

原因【6】涙袋がない

目の下にあるふっくらと膨らんだ部分を涙袋と言います。

ここが大きいと目が大きく見えて、逆だと小さく見えます。

この涙袋はセクシーな印象を与えて可愛いらしいと思う人も多いみたいですね。

  • 目の小さい人は涙袋がないことが多い
  • 目の大きい人でも、無いこともある
  • 涙袋メイクで大きく見せることもできる

メイクで、ふっくらとした涙袋を作ることもできるんですね。

女子のメイク力は本当にすごいです!

原因【7】目に負担をかけている

スマホやゲーム、パソコンなど私たちの生活は目に大きな負担をかけています。

目が疲れていると、目の周りの筋肉やリンパが固くなってしまい、それによって目が小さく見えてしまうことも。

  • 目を使う作業をなるべく少なくする
  • こまめに休憩を入れて目を休ませる
  • 疲れ目に効果のある目薬などを使う

スマホやパソコンを使わずにはいられませんが、ちょっとした工夫で負担を減らすことは可能です。

適度に休憩を入れて、目をいたわってあげましょう。

目をこするのもNG

花粉症の季節に、目がかゆくなりよく目をこすってしまう人も要注意。

  • 目をこするとまぶたの筋肉に負担がかかる
  • まぶたの筋肉が弱ると目が小さく見える

かゆみを我慢するのは辛いので、目薬を差したり、目を洗ったりと優しく対処していきたいですね。

原因【8】視力が悪い

視力が悪く、遠くのものがはっきり見えないとつい目を細めてしまいませんか?

眼鏡をかけていても、コンタクトをしていても、度数が合っていないと見にくくなってしまいます。

  • 目を細めると筋肉がいつも緊張して固くなる
  • 細めた目がクセになってしまう

普段の生活にも深く関わっているんですね。

見にくさを感じたら、自分の目にあっているか確認してみましょう。

少しでも目を大きく見せるための方法厳選2つをご紹介!

二重なのに目が小さい、少しでも大きく見せたいという方のために厳選した方法2つを紹介していきます。

二重で目の小ささに悩んでいる時に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

方法【1】まつげを多く長くする

目元の印象を決める大きな要因のひとつがまつげです。

まつげが長くて、ふさふさしていると目も大きくパッチリと見えますよね。

メイクやマツエクでボリュームを増やすのも良いですが、自分のまつげを長く多くさせる方法も。

  • まつげ専用美容液を使う
  • サプリメントを飲む

このように、自分自身のまつげを増やしてパッチリした印象の目元になることを「マツイク」と呼び、目を大きく見せたい人の間でも話題になっています。

まつげ専用の美容液を使う

まつげに必要な成分を配合することで、いきいきとした美しいまつげの成長をサポート。

モデルや女優さんでもまつげ美容液を使っている人は多く、その効果も期待できます。

  • メイクで負担のかかるまつげをサポート
  • トリートメント効果で美しいまつげに
  • 栄養成分配合でボリュームもアップ

メイクやマツエクに頼らなくても、自まつげで勝負できます!

成分にこだわっていて、まつげに優しいのも嬉しいポイントです。

サプリメントを飲む

健康を気遣う人にも人気のサプリメント。

食事だけでは補えない栄養を気軽にとれるのが嬉しいですよね。

まつげにも、サプリメントがあるなんてちょっと意外な感じもします。

  • まつげに負担をかけないマツイクがしたい
  • 肌が弱くかぶれやすい
  • 色素沈着が心配

こんな方にも、サプリメントなら安心です。

毎日飲み続けるだけなので、手間もかからず気軽にできるのも嬉しいですね。

また、内服なのでまつげだけでなく髪の毛や爪などにも効果があると言われています。

顔のむくみの解消

顔のむくみがとれると、目元もはっきりとして目が大きく見えます。

むくみを解消して、ぱっちり目になりましょう。

マッサージでむくみをなくす

顔にはたくさんの筋肉があります。

目を大きく見せたいからと、目元ばかりマッサージしてもあまり意味がありません。

  • 目元だけでなく顔全体をマッサージする
  • 目の上、おでこをほぐすと効果的
  • 頭皮もマッサージして流れを良くする

顔全体をマッサージすることで、筋肉がほぐれ血行も良くなります。

すると、余分な水分や詰まったリンパがすっきりしてむくみも解消されます。

お風呂上りのスキンケアと一緒におこなうと無理なく続けらそうですね。

毎日コツコツしていくことで、効果を実感できます。